無印

無印福袋2020ファブリックなどネタバレ予想!ステーショナリーとキッズも

無印の良品の福袋は毎年、様々な種類のカテゴリーに分かれて販売されています。

たくさんの種類があるので、どの福袋を買うのか迷ってしまいますね。

また、実際にどんなものが入っているのかも、とても気になるところですね。

2019年の福袋は12月6日から申込開始となりました。

2020年も同時期からの予約開始になると予想されます。

今回は、様々な種類のカテゴリーの中から、ファブリック、ステーショナリー、キッズの福袋の過去の中身のネタバレや、2020年の福袋の中身予想まで、福袋情報を詳しくお伝えします!

 

無印福袋2020ファブリックのネタバレ&予想

 

例年ファブリックの福袋は、3000円と、9000円の二種類が販売されています。

3000円はラグ、膝掛け、クッション、カバー類、タオル、ハンカチなどからのランダムに組み合わせ。

9000円は、掛け布団カバー、掛け布団、クッション、カバー類、タオル、ハンカチなどからの組み合わせ、となって無印良品のホームページではなっていますが、実際の中身はどんなものなのでしょうか。

これまでのファブリック福袋の中身をネタバレいたします!

そして、過去の福袋の中身を参考に2020年のファブリックの福袋の中身を予想していきましょう。

 

なんと!

9,000円のファブリックの福袋に、品数10品で、47,000円の品物が入っているという、かなりのお得感ですね。

特に抗菌ポリエステルダウンライクは定価30,000円ということですから、これひとつで、既に9,000円を越えているという、ただただ驚くばかりの内容です。

 

3000円のファブリック福袋には品数5品で約15,000円と、こちらも販売価格の5倍以上の値段分の品物が入っていて、やはりお得感いっぱいの内容ですね。

また、寒い冬にはピッタリな、キルティングやボア素材の品物が多数入っているという点もとても嬉しいですね。

 

こちらのファブリックの福袋は品数3点と、先程に比べやや少ないですが、キルティングマットのお値段は、なんと1点で14,000円という高額な品物が入っていますね。

合計金額も17000円を越えており、受け取られた方の満足感が伝わってきますね。

 

これまでの中身から予想していくと2020年のファブリックも3000円と9,000円が販売されます。

3000円のファブリック福袋には、約3~6点程度の品物が入っており、内容はキルティングとタオルやスリッパの小物類が数点、総額は15,000円前後程度になると予想されます。

また、9,000円のファブリック福袋には8~10点程度のの品物が入っており、内容は高額な掛け布団の他に、掛け布団カバー、タオルやスリッパの小物類が数点で、総額は40000円~50,000円程となると予想されます。

どちらの福袋も販売価格の5倍以上の総額の品物が入っており、大満足間違いなしの福袋で

 

無印福袋2020ステーショナリーのネタバレ&予想

 

ステーショナリーの福袋は、1000円の1種類となります。

1000円と他の福袋とくらべ、リーズナブル価格で買えるのはとても嬉しいですね。

1,000円の福袋でどのような品物が詰まっているのかとても気になるところだと思いますので、これまでの福袋の実際の中身をネタバレしていきます!

 

なんと、品物は20点以上と数えきれないくらい入っています。

値段の総額も10,000円を越えていて、10倍以上お得という結果に驚きが隠せませんね。

 

 

こちらも品数は20個以上入っていて、総額は8300円と、福袋の値段の8倍以上の品物がはいっています。

普段からよく使うノートやペンが豊富に入っているという点も嬉しいところですね。

 

過去の中身から予想すると2020年のステーショナリーの福袋も1,000円で販売されます。

消しゴム、ペン、ノート、ファイルケースなどの文具が20点以上入っており、総額8000円~10,000円程度と大変満足な内容となることが予想できます。

販売価格の約10倍の総額の品物が入っていると、無印良品の福袋の中でも特にお得な福袋で、普段から使うものばかりの品物が多く入っているので大変おすすめです。

無印福袋2020キッズのネタバレ&予想

 

キッズの福袋は3000円で販売されており、サイズは80~150㎝、各サイズ男女別と細かく分類されていて、ママにはとても嬉しいですね。

無印良品のキッズ服は、普段使いにピッタリで、動きやすくコーディネートもしやすいので、我が家の子供たちも愛用しています。

そんな無印のキッズ服がお得に購入出来る福袋の過去の中身をネタバレしていきます。

 

コートをメインに品数は5点入っており、総額はなんと15,000円を越えた、かなりのお得な内容となっていますね。

カラーも落ち着いた色でまとめられており、あたたかみがあります。

マスコットも可愛らしくて、お子さまが喜びそうです。

 

こちらは,大人顔負けのPコートをメインに、オールコーディネートが出来そうなカットソー、パンツ、手袋の四点が入っています。

こちらも総額15000円を越えたお得な内容になってますね。

 

腹巻き付きパジャマやレッグウォーマーなど、冬の寒さ対策が多く入っていてとても嬉しい内容です。

品数は5点で総額も10000円近くとなっています。

 

これまでの中身から予想していくと、今年も3000円で販売され、サイズなども同じ展開と考えられます。

中身は、アウター、ニット、カットソー、小物類などがランダムに約4~5点入っており、値段の総額は9000円~15,000円と中身によって差はありますが、どれもアウターを中心に豪華な中身の福袋となることが予想されます。

すぐに大きくなってしまうお子さまのお洋服が、1度にたくさん、お得に購入出来る、無印のキッズ福袋は、例年と変わらず大人気間違いなしですね。

 

無印福袋2020まとめ

 

  • ファブリックの福袋は、3,000円と9,000円の二種類が販売されていてキルティングや掛け布団、スリッパやタオルなどすぐに使える日用品が多数入っています。
  • 3000円のファブリック福袋には、キルティングを中心に約3~6点、総額は、15000円以上の品物が入っています。
  • 9000円のファブリックの福袋には、掛け布団を中心に約8~10点、総額はなんと、40,000円~50,000円と高額な品物が入っています。
  • ステーショナリーの福袋は、1000円の一種類のみの販売でノートやペンなどを中心とした日常的に使える文具が、入っています。
  • 品数は、20点以上に及び、特に普段からよく使うノートやペンなどが多数入っていて、総額は10,000円を越えており、無印福袋の中でもかなりお得感が実感できるものとなっています。
  • キッズ福袋は、80~150㎝、各サイズ男女別と細かく販売されていて購入するときに選びやく分類されています。価格は3000円で販売されます。
  • キッズ福袋に入っている個数は4~5点、値段の総額は9000円~15000円と、他の福袋と比べで中身に差が出ていますが、どの福袋もアウターを中心とした豪華で大満足な内容となっています。

 

いかがでしたか。

無印良品の福袋は様々な種類のカテゴリーで販売されておりどれも大変大満足できる内容となっていましたね。

全部の福袋を買いたいくらいの気持ちになってしまう、無印良品の福袋。

毎年大変人気があり、手にいれるのもなかなか大変ですが、ぜひゲットしてお得感を実感してくださいね。